2005年05月11日

「ローレライ」を観てきた

f0059 花びらたくさんその前に観たのは「鉄人28号」やったんですが、なんとも対照的な作り方でした。
ローレライを観るにあたっての予備知識は、潜水艦映画やってのと福井晴敏原作くらいやったんですが、始まって10分くらいで「あーこりゃアニメなんやなー」って。
でエンドロール見て納得。

よく考えれば角川映画でニュータイプとかでも押しててんから気づくべきやね。
なんていうかハードな戦争映画になる訳がないって。
面白くはあったけど、野球を見に行ったらサッカーの試合をやってた感じ?

鉄人は、全く反対にオタ臭まったく無し。
チープ臭っていうか邦画臭っていうか、そういうのはプンプンしてたけどw

もったいない。折角の優良コンテンツの無駄遣いやないの。
アニメの今川版を再編集して3本くらい作った方が良いのが出来たと思うな。
あるいは、それぞれのスタッフを反対にするとか。


posted by yowauma at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。