2005年08月28日

YEAH YT-062パーツ紹介(2)

f0097 フレームさてパーツ紹介の2回目です。
燦然と輝くパテントシール

f0098 サドル別にお尻も痛くならないし十分です。
写真では一番前に寄ってますが、今は一番後ろまで下げてます。
あと2cmくらい後ろに下げられたら、ばっちりなんですが。

f0099 ハンドル周りブレーキレバーはPROMAX
ボードウォークも同じメーカーですが、レバーの形は少し違う?
ベルは標準でついてて、あとスピードメーターをつけてみました。
後はヘッドライトなんですが、夜は走らんしなぁって感じで保留中。

f0100 シフターシマノのレボシフト6段。
ボードウォークはSRAMです。
これ握る部分が太くて親指の第一関節?が擦れて痛いんですよね。
ハンドルの一番端っこを握っても、まだあたります。
SRAMの方が細身でよさげ。

f0101 スピードメーターキャットアイのCC-VL110
一番下のグレードで、ホームセンターで2000円で売ってました。
ブレーキレバーは工場出荷時はもっと水平に近かったので、ぐっと下向きにポジションにあわせました。

f0102 コード届きますハンドルから車輪まで遠いので、コードが届くかと心配しましたがこのとおり。
ブレーキワイヤーに巻くほどの余裕はありませんでした。

f0103 ハンドルポスト折り畳み部現行のダホンと一番違う部分がここです。
レバーの形は似てるし、仕組みは同じみたいやけど、全然違います。

f0104 ハンドルポスト折り畳み部の反対側下側(ヘッドパーツについてる台座)が斜めになってます。
初め不良品かな?って思ったけど、何台か見たOEM系の全部がそうなってました。
理由は不明w

f0105 ハンドルポスト折り畳んだところこの六角形のテンションロッドがポキっと折れました。

f0106 ハンドルアジャスト部ハンドルの高さを変えれます。
でもシートとペダルと足の長さの関係から高くする事は無い。
あと2cmくらい低い方が、ぴったりなんですが。
たぶんダホンのアジャストポストより高いというか長いみたいです。
どちらかというと折り畳んだ時のためなんかな?と思います。

f0107 ハンドルアジャストの問題点これならハンドルを好きに替えられそうでしょ?
でも、この写真なら手前側、ポストの部分にへこみがあって、パイプの径が一緒でも入りません。
ロック部分の黒いプラスチックの部品をとっぱらうと入るかも。


とまあこんな所です。
次は折り畳みを写真で紹介の予定。


posted by yowauma at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 折り畳み自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。