2005年08月24日

YEAH YT-062パーツ紹介(1)

全体、左側から標準状態でついてるパーツを見ていきます。
写真の枚数が多いので2回に分けますね。

ダホンのボードウォークD7とヘリオスSLは、お店で見たことあるんですが、インパルスD7やラピデは見たことありません。

f0085 ペダル周辺ペダルはボードウォークD7についてるのと一緒です。
フロントスプロケットとチェーンガードは、写真で見るかんじラピデと同じ。
歯数は数えてないけど52Tみたい。


f0086 折り畳み部右側ここらへんが一番違う所ですね。
2004年までは、レバーが”D”というか”ロ”やったのが”−”になりました。
で、2005年ボードウォークとかと仕組みは同じやけどレバーの形が違います。


f0087 折り畳み部左側2005年ヘリオスでは蝶番の部分がもう少し短くて、上下がフレームの形に合わせて丸くなってます。


f0088 ロック機構昔のはテンションロッド2本やったのが、真ん中1本になりました。


f0088 ロック機構フェンダーはプラスチック製です。
ダホンのサイトにも載ってるから一応純正?


f0090 リアブレーキ前後ともPROMAXのVブレーキ
ボードウォークも同じメーカーのがついてました。


f0091 ディレイラーシマノTourney(ターニー)RD-TY18
ボードウォークではSRAMでした。


f0092 リアスプロケットシマノMF-TZ06


f0093 ハブ前後輪ともハブはFORMULA、リムはWEINMANNのTM19 20x1.5/1.75 ETRTO 406x19
タイヤはKENDA KWEST 20x1.50(40-406) 280-460KPa、バルブは英式
自転車探険!のタイヤ寸法

f0094 スタンド普通のサイドスタンドが普通の場所に


f0095 真ん中センタースタンドを取り付ける台座がありません。
センタースタンド付けたかったなぁ。



posted by yowauma at 20:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 折り畳み自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: ダホンダホン(Dahon)社は、米国カリフォルニア州に本社がある折り畳み自転車の専業メーカ。1975年、オイルショック機に、創業者David Hon博士(中国系アメリカ人)により開発研究が行われ、19..
Weblog: 自転車を探るサイト
Tracked: 2007-08-01 05:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。