2006年08月16日

なぜテレビはそんなに必死なのか

f0840 まだ咲いてない小泉首相の靖国参拝を支持します。

靖国神社にまつわる話はどうみても中国の日本に対する外交カードでしかないのに、一緒になってワーワー騒いでるマスコミは、すっかり中国に乗っ取られてるんでしょうか?

なんていうか見てて変やん。

世論は別に現状のままでいいやんていうのが大勢でしょ。
なんせテレビの批判の方向が昔は軍国主義をからめて「靖国の存在」や参拝自体がダメやったのが、今では参拝日やA級戦犯や私的公的の問題になって、最後はみんな(笑)が「嫌がってるから」みたいな感情論になってるしw

これはもうマスゴミが日本人を説得というか扇動に失敗した訳で、反対する論理的な理由を組み立てられず、主張がずるずる後退してる。
消極的であれ反対派が多ければ、もっと違った形になったやろうに。

大体さあ日中関係の改善なんて言っても、日本は何もやってません。
靖国神社に参拝はしたけど、それだけやん。

トップ会談拒否してるのは中国で、デモって領事館を壊して海底資源や原子力潜水艦やハニートラップもそう。
サッカーでブーイングして反日博物館作って教科書に口出しして、もしかすると日本製品の不買運動もやってるんでしょうかね?

しかし改めて書くと、笑っちゃいますねwww

参拝しようがしよまいが、この現状で、参拝やめたら、このうちのトップ会談だけ再開されます!
まあなんという関係改善、日中友好なんでしょう!ほんと中国様は寛大で、ありがたい事です。
不快に思おうが、無視すりゃ済む話を調子こいて騒ぐから蛇が出るんよ。

マスコミやプロ市民のみなさんは、それでもまだ我々が関係改善に努力しろと言うのでしょうか。
あなた方が中国に間違ったシグナルを送り、日本人の対中感情を悪化させ、日中相互の不信感を増幅している事に、そろそろ気づくべきです。

あーCIAの工作かw


posted by yowauma at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。