2006年06月27日

南米風のやり方はこの国にはまだ早かったと

f0751 水路結局惨敗やった訳ですが、黄金世代のセンスに頼りメンバー固定で連携を強めても、この結果ってのが辛いよね。

でもショックが少ないのは、ワールドカップ予選にせよアジアカップにせよ結果は出したけど、内容は決して良くなかったから覚悟してたてのもある。

試合開始時間などで電通や協会の商業主義を批判する向きもあるけど、それは仕方ない事じゃないかと思います。
条件はいいけど見れない時間より、悪くても見れる時間のほうがいいやん。

あーでもこの4年間て勿体ないことしたかもれんね。
なかなかに人材はそろってたんやから、新しい人材を見つけて、みんなを活かす戦術を立てれれば、もうワンランクアップ出来たかもって思うとさ。
そうなるとやっぱり監督人事が重要やったんか。


posted by yowauma at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。