2006年05月06日

ひぐらしとハルヒ

f0708 阪急西宮北口駅北西前でしょでしょ?先週の鬼隠し編 其の四 歪が・・・
 どうみてもBADENDです。
  ほんとうにありがとうございました。
やって、どう続くんかとワクテカして見てたら、普通に全員いて普通に萌え話が始まって驚いたw

原作のゲームはやってなくて、できるだけ予備知識入れないようにして見始めたんですが、期待にたがわず面白い。

いやーてっきり後日談とか、巻き戻って謎解きとかするんかと思ってたのに。
え?なに?なに?いったい何がどうなってんのよ!と置いてけぼりにされてるうちに、はたと気がついた。
そうかー編が違うから先週の続きやなく別ルートかなんかなのね。

綿流しというとお祭の時の話か。
じゃ今度は萌え萌え話でハッピーエンドなんやな。
ルートが違えば話が全然違っても問題ないし、せっかくキャラかわいいし、バッドエンドじゃもったいないもんな。
でもアバンは惨劇やったけどorz

しかし、ホラーとアニメって相性いいのな。
ホラーは平常と異常の落差が大きいほど見てて怖くなるやん。
ひぐらしは話の持って行き方がいいから、実写やったとしても面白いとおもうけど、日常の萌え萌えと狂気の表現の凄まじい落差はアニメのデフォルメあってこそじゃないかと。

ところで最近話題のハルヒは原作読んでるから先の展開を知ってて、この先どうなんのかという方面では楽しめないのが残念です。

原作1巻は面白いと思ったけど、それ以降しばらくキョンがグダグダするのがねー。
せっかく映画撮るなんて楽しそうなイベントやのに・・・
そんな訳で最初アニメ化するって聞いても、うーんどうなん?て1話見るまで懐疑的でした。

今は、これを予備知識無しで見てる人が羨ましい。
全体の構成をシャッフルしたことで、原作やとスルスルっと流れていく所を謎やったり伏線やったりに変えてるんやもの、続きが気になって仕方ないんじゃないか?

当然、放送してるのを見るだけやなくて、録画して後で見返すとああーなるほどみたいなんも一杯あるし。
OPの映像と歌詞も内容と関連づいてて細部まで凝ってるな。

また説明ばっかりでつまんねーて所も、凝った映像で画面に見とれて説明を聞き流しちゃうようにしてるのも面白いね。
絶対に必要な情報って宇宙人未来人超能力者てとこだけやもん。

これが原作付きアニメのお手本にして究極かも。

ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 嫉妬
涼宮ハルヒの憂鬱 第五話 涼宮ハルヒの憂鬱V


posted by yowauma at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。