2006年04月18日

SK-MOTVPHR-BKNを購入した

f0692 箱いかにもバルクな白箱にロープロファイルH/W MPEG TVキャプチャボードと書いてます。
型番からするとMonsterTV PH-RぽいけどMCE2005に対応してます。
またSKnetのサイトにはPH-R、MonsterTV PH-RMともロープロやなくて、拡張ボードも取り付けられるようになってるやつしかありません。

録画視聴ソフトのバージョンを見ると、MonsterTV PH-RM/PH-GTRMアプリケーションでバージョンは3.1.6408.0となってます。

さて結論を先に書いておきましょか。

素人にはお奨めできない。
特にパソコン1台で、初めてキャプチャカードを買う人は回避すべき。

f0693 中身4月からのアニメの新番組多いやないですか。
多いだけならまだしも、重なってるのがイヤーン。

そんな訳でキャプチャカードを1枚追加してみました。
幸いパソコン2台あるから選択肢は広い。
流行の2枚挿し対応とかWチューナーじゃなくてもへっちゃら。

んで、お店で一番安いやつを選んでみました。
CPU遅くてリアルタイム視聴はせず、タイムシフトが目的なんで録画の為のハードエンコは外せません。
またソフトエンコや中古を含めても、この値段は安いと思います。

f0694 ボードまでもね、SKnetは今も昔もソフトウエアの出来が悪いんすよ。
昔、無印のモンスターTVで苦労しました。
苦労の記録→PCでビデオキャプチャー2 MonsterTV

では搭載されている部品を見ていきましょう。

左の缶チューナーはPhilips Semiconductors製“FQ1236/F H-3”
右上一番大きいチップがMPEG2エンコーダチップはPhilips Semiconductors製“SAA6752HS/104”
その下はSAMSUNG K4S641632Hでエンコード用バッファのSDRAMか?
真ん中のNTSCデコードチップはおなじみPhilips Semiconductors製“SAA7133HL/101”を搭載してて、全部フィリップスのパーツで固め打ちです。

SAA713xは無印モンスターTVから、SAA6752はMonsterTV PH-R/PH-RMから、現行のMonsterTV VHにも採用されてます。
PH-R/PH-RMは缶チューナーでフルサイズ、VHはシリコンチューナーでロープロと、なんか色々と中間ぽい構成ですね。

f0695 取り付けてみたさくっとパソコンに取り付けてみました。
各種ボードが刺さってて、どうみてもヤバそうでしょ?

でも予想に反して問題なし。
えほんとに?うそーん?すげーやんSKnetって思ってたら・・・
予約しててスタンバイから復帰して録画すると、0バイトのファイルが出来てますorz
ようは録画に失敗してます。

録画視聴ソフト自体はエラーで止まる訳じゃなく、普通に録画完了って出てるもんでしばらく気づきませんでした。
スタンバイさえやらんかったら問題ありません。

ここらへんは環境によって違うやろうから、全ての人がそうなるとは限らないけど、ま、賭けですねw

ソフトウエアは以前に比べれば改良されてますが、まだまだ色々とアレな部分も多く、もっと頑張れSKnetって感じ。
そこらは、そのうち書こうかと思ってますが未定。

画質は普通の下くらいかな。
もともと高画質で保存したい!な人にはゴーストリダクションとか3次元YC分離が無いから選択肢には入らないでしょ?
見て消すなら十分です。

SK-MOTVPHR-BKN SKnet 4979円


posted by yowauma at 20:16| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ気になっていたので(激安なので)、大変参考になりました。
他のボードにしようと思います。
Posted by はじ at 2006年11月11日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。