2006年01月31日

英雄〜HERO〜面白かった

f0372 土曜日は昆陽池行ってきたもっと固い話かと思ったら、ただのアクション巨編やったのな。
どうりで公開当時の番宣とかでも、ストーリーにほとんど触れないはずやわ。
最初から言ってくれたら映画館で見たのにw

ストーリーを語りながら全編をアクションで埋めるのは難しいけど、この構成なら無理なくそれが可能ってのが、上手い!とテレビの前で膝を叩きました。
その上、色を変えることで視覚的にも、それぞれが別の話やという事が分かるようになってるし。

これを低予算で作ったらただのカンフー映画になってたけど、しっかりお金をかけて絵を作りこんでるからきっちり大作に仕上がってます。

ところで激しい動きと同系色やけどグラデーションが効いてる絵は、今流行りの固定画素ディスプレイには厳しいんとちゃうかと思うけど、どうでしょ?
もしかするとテストにもってこいのソフトやったりする?


posted by yowauma at 20:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

HERO 英雄
Excerpt: 最近のこういう映画、武侠系ワイヤーアクション物っていうんでしょうか?ワタクシははっきり言って嫌いなんです。武侠もののカッコよさにもあこがれないし、ワイヤーアクションは「チャーリーズエンジェル」とかのお..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2006-02-03 13:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。