2006年01月22日

リモートでパソコン操作

f0369 ちんすこうでお茶Wake up on LANでサーバを起動出来るようになり、次はそのパソコンを自分の部屋やリビングから操作出来ると便利やん!ということでリモートコントロールソフトを入れてみました。

だいぶ昔やけどVNCを試した事あって、その時はえらい重いなという印象でした。
パソコンも同じ部屋に置いてあったので、しばらく遊んで使わなくなった記憶があります。
その後、PC切替器のKVM-PS2Sを導入してモニターやキーボード、マススを共有してエンコやりながらゲームとか、そういう使い方に落ち着きました。

今回はそう遠くはないといえ納戸の中で、当然暖房も無くむっちゃ寒い!
ファイル共有だけなら、最初に設定するだけで後はほったらかしでも問題ないけど、それも落ち着くまでは行ったり来たりする必要あって面倒やし。

で、どんなソフトがあるかいなとvectorをのぞいてみました。
うんうん、色々あるね。じゃ上から順に試してみるか。
●RealVNC日本語版 4.0
VNC系の本家本元なんよね?その日本語版。
画面の書き換えは遅いけど、どっしりと安定してる感じ。
ネット上に情報が多いのと、クリップボードがそのまま共有出来てるのが良い。
後はドラッグ&ドロップでファイル交換できたらイイナ!

●Venus7.0 Light Selection
書き換え速度が速いみたいやけど、うちの環境ではそんなに変わらない。
シェアとフリー版の機能差のつけ方が上手いね。
これなら大満足っぽいけど、とりあえずテストやしな。

●ミルリモート 4.10
起動してボタン押すだけの簡単操作。
ポインタの移動はするけど、左右クリックが反応しないので終了。

●MetaVNC
サーバ側のデスクトップが透明化してローカルのアプリケーションのように向こうのソフトを使えるのが売り。
書き換え速度も速いみたいやけど、うちの環境ではそんなに変わらない?
なんとなく画面がちらつくっぽい?クリップボード共有も直接じゃないんかな。
もうしばらく熟成待ち。

如何せんパワーのないマシンばっかりなんで、画面書き換えが早いという売りのやつもRealVNCと、そんなに変わらないように見えます。
そうなると当分は基本中の基本のRealVNCでいいかなと思います。
どうしてもこの機能が欲しいとなったときは、それに対応してるのを探すことにしてね。
あとアプリケーションじゃなくサービスで立ち上がるので最初のログイン画面から操作できるのも便利かも。

それにしてもVNCって凄いな。
画面の書き換えが遅いってのと音は送れないけど、こんな簡単にフルに操作できるのね。


posted by yowauma at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。