2005年12月28日

液晶モニターを買った話

f0346 この後シールを外して失敗する12月中旬でしたか、ちょっと早いけど自分にクリスマスプレゼントということで。
まあそうは言っても、ジャンク寸前の中古を9999円やったんですが。

ちょっと前に日本橋でイーヤマのスタンド無しが7500円くらいで売ってて、その時はフーンで済ましててんけど、段々欲しくなってきてねw
2週間くらい経ってからかな?うおーたまらん、欲しいぞーと買いに行ったら、当然そんなものは影も形も無い。
でもこの物欲の炎はとめられないぜ!となり、ぐるぐる回ってるとこのLCD-A15Hを発見。
サクっと購入しちゃいました。

それまでは17インチと15インチのCRTを使ってました。
エロゲやるから拘りがあるんだ!という訳でなく、それらを買った頃は液晶なんてノーパソだけで、これといった不都合も無いし壊れないかぎり買い換える気もおきんし。

そんなこんなで液晶ディスプレイ初体験です。

当時のレビュー:Technical Test Labs
[15インチ液晶ディスプレイ 18機種を比較する]
DOS/V magazine2000/07/15号より

現行機種がLCD-A155Gやから、5世代前?それにしても当時10万ほどしてたのね。
パネルは見る角度がずれると色味が黄色に転ぶのでTNでしょう。
カタログスペックは左右120度、上45度、下55度てなってるけど、左右はまだしも上下の視野角は非常に狭い。
カタログが嘘とはいわんけど、微妙やね。

スペックとかは帰ってからネット調べたんで、現地での選択理由は、
1.VESAアームの穴がある。
2.その関係で電源部がACアダプタ。
3.VGAケーブルが直出しじゃない。
あたりかな。

この程度でも全部満たしてるのって結構無いのよね。
あとはDVIがあればとか思うけど、それは求めすぎかw
しかし今でも、VESA穴が無かったり、VGAケーブルが直出しやったりするのもあるけど、そういうのってどうよ?応用きかんのちゃうの。

f0347 並べると17インチCRTより枠が大きい f0348 でも奥行きは無茶苦茶短い

帰ってきて、早速セッティング。
15インチCRTと置き換えて、色はnVIDIAのForceWareのディスプレイ最適化ウイザードで合わせました。
画質は、色は擬似フルカラーじゃなくグラデーションも綺麗し、固定画素で目との距離が近いから網網が見えて、CRTに比べてカリカリしてる感じ。
残像は応答速度は40msやけど、録画した動画を見てる分には気にならない。
ただネットやってて下にスクロールさせたりするとブレます。
スムージング機能のおかげか640x480をフルスクリーンにしても、そんなに破綻しない。
ここらへんCRTはどの解像度でも、しっとりしてて一日の長があるね。

問題はあるけど、この当時でこの性能ならCRTが駆逐されるの分かる。
一度置いてしまえばCRTでも関係ないけど、液晶なら電車で持って帰れるし、その日の気分で置く場所を変えることも出来て、こりゃ便利だわ。

後はVESAフリーアームが欲しいかな。

LCD-A15H アイ・オー・データ機器 9999円


posted by yowauma at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。